サミット開催会場について

TOP > 伊勢志摩サミット > サミット開催会場施設について

伊勢志摩サミットが開催された志摩市は、美しいリアス海岸を臨むホテルや、豊かな海の幸を味わえる旅館、温泉などが数多く点在しています。
そんな中から、サミットの会場に選ばれたのは、伊勢志摩国立公園内の賢島に建つ志摩観光ホテルです。

伊勢志摩サミットの会場となった志摩観光ホテル

各国首相を満足させた3館一体の最高級のおもてなし伊勢志摩サミットの会場となった志摩観光ホテル

  • 観光

志摩観光ホテル ザ クラシック

志摩観光ホテル ザ クラシック

2016年6月7日リニューアルオープン。昭和を代表する建築家・村野藤吾氏が設計した1951年開業の歴史あるリゾートホテル。

志摩観光ホテル ザ ベイスイート

志摩観光ホテル ザ ベイスイート

全50室がスイートルーム。夕暮れが映える大人のリゾート。

志摩観光ホテル ザ クラブ

志摩観光ホテル ザ クラブ

開業当時の面影を残す寛ぎのパブリックスペース。

英虞湾を一望できる志摩観光ホテルは、山崎豊子氏の小説に描かれるなど、多くの文人墨客を魅了してきました。日本の天皇が複数回宿泊されるなど、伊勢志摩を代表する老舗のホテルのひとつで、1987年には4極通商会議の国際会議も開催されています。
風景に溶け込む優美な外観と、天然木を用いた上質で居心地のいい空間は、昭和を代表する建築家・村野藤吾氏の設計思想によるもの。歴史を刻む意匠と名画のコレクションが、文化の薫りを添えています。また、建物の周囲は、季節ごとに趣を変える約2,000坪の庭園が広がります。
志摩観光ホテルは、ザ クラシック、ザ ベイスイート、ザ クラブの3館で構成されており、伊勢志摩サミットでは、食事などで3館それぞれが利用されました。まさに「3館一体のおもてなし」で、各国首脳に極上の時間をお届けしました。

各国首脳

この施設の詳細を表示する

scroll